読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルマダインベンシブレ - スペイン留学記

スペイン大好きサブカル大学生が日々考えること。

留学生がブログをやるべき6つの理由

留学 スペイン スペイン-留学
スポンサーリンク

スペイン行くならこれ一冊 / 大学受験の英単語 / 0円留学ならアーグス

こんにちは、なちです。

ブロガーらしくなんかそれっぽいタイトルにしてみましたが(笑)、今回のお話は「留学生がブログをやるべき理由について」です(*⌒▽⌒*)!

 

突然ですが、あなたは、"留学中にブログを書く"ということに関して、どんな認識をお持ちでしょうか?

私は、"留学中の時間は限られているので、日本でもできるブログに時間を費やすべきではない"と考えている人も少なくないんじゃないかなーと思っています。

 

…なぜなら、私自身が留学前に人の留学ブログを読ませていただいていた時、そんな風に考えていたからです。

ブログを読んで情報を得ながらそんなこと思うなんてなんかヤな奴ですよね(笑)

でもそう思ってしまっていたことは事実です。

 

しかし実際留学中にブログを書いてみて、現在帰国後、やってて本当に良かったなーー!と思えるので、その理由を並べていこうと思います。

留学生のみんな!ブログやろうぜ!!(*⌒▽⌒*)

 

目次

 

 

留学ブログで、自分の思考がまとまる

f:id:armdivcl:20161201185819j:plain

留学中って、とにかく新しい経験・インプットの量が半端ないです。自分が現地の大学で学ぶことももちろんそうだし、生活してるだけでいろんな価値観の波に揉まれます。

 

その大量のインプットを、自分の言葉に一度まとめて発信する、というプロセスを踏むことで、留学の経験をしっかり自分のなかで言語化してまとめることができます

 

大量に色々経験すると勝手に何か一回り大きくなった気になりますが、経験しただけだと大抵のことはその場限りで忘れてしまいます。

それはとても勿体無いことだと思うので、ブログじゃなくてもいいのですが、自分の言葉で書いてまとめてみることは経験の定着にすごくいいんじゃないかなーと、経験として思います。

 

 

他者のためになる

そのブログの内容がニッチであったり、なかなか体験しづらいもの、物珍しいものだったりすると特に、読んだ人に喜んでもらえることがあります。

また単に文章が読み物として面白い、というのも十分魅力だと思いますが(笑)

 

armdivcl.hatenablog.com

 最近書いたニッチな記事だとこのあたりでしょうか。

 

そして、それでコメントなど記事に対して感想を頂けたり、ブログの閲覧回数が増えていったりすると、自己承認欲求も満たされますよね(笑)

 

これは別に綺麗事じゃなくて、"人に喜んでもらう"というのは結局自分のストレス解消になるので、結局自分のためになると思います。

 

余裕のあるときにブログを書いておけば、例えばどうも疲れたときに自分のブログの閲覧数とか過去の反応をチェックしたりすると、なんとなく元気になることもあります(*⌒▽⌒*)

※個人の感想です

 

 

他者からの反応

 ブログという場に記事を公表すると、コメントや、特にはてなブログだとはてブ等で、自分の書いたことについて感想・批評を頂けることがあります。

 

自分が真剣に書いたものであればあるほど、心に響いたなんて感想を貰えばそれだけで次の記事も書けちゃいます。

 

また批評・批判的なコメントが付くこともあります。が、それを書いた相手が真摯に読んでつけてくれた批評コメントであれば、とても参考になるし、なるほどなあ、と自分一人ではわからなかった世界が広がることもよくあります。

 

しかしひとつ注意なのが、ネットというのは匿名の海なので、時には中傷めいたコメントや、記事読んだか?これ(笑)なんてもの、説教おじさん的な不快なコメントが付くこともあります。

その辺をどう捉えるかは人によるかなあと思いますが、私は批判は基本一度自分の中に受け入れますが、その批判があまりにも的外れや中傷を目的とするように思えた場合、「うっせえバーカ」と念じて終わりにします。

ほんとに何書いても言われる時は言われますからね(笑)

 

armdivcl.hatenablog.com

この記事の時は「中国をネタにしたらアクセス稼げていーよね」なんて書かれたし(記事読んだか?)、

armdivcl.hatenablog.com

この記事の時は「女性専用車両無くしてから言え」なんて論点ずらしも甚だしいお言葉をいただきました。

 

まあこういうコメントは長らくブログを書いている人ならもちろん、もしくはTwitterでも多少バズったら投げられた経験があるのではないかと思います。

 

どうしても気になるならブコメを非表示にしたり、燃えそうな話題をさけるなど対処策はありますが、そもそも気にする必要もないと思います(*⌒▽⌒*)

 

 

他者のブログを読むようになる

 ブログを始めて変わったなと思うことの1つがこれで、他の人のブログもよく読むようになります。

芸能人とかではなく、一般の人の生活を覗けるというのはなかなかない機会で、面白い発見がいろいろあります(*⌒▽⌒*)!

 

オススメのブログをいくつか紹介しておきます。

papuriko.hatenablog.com

文章が最高です。

shiraishi-yutori.hatenablog.com

以下同文。イラストも素敵です。

www.nagayoiko.net

女子大学生の留学生ブログです!フランスに留学されていました。

zuisho.hatenadiary.jp

 すっごい独特。文章が面白い。

人を選びそうではありますが私はすげえ好きです(笑)

 

 

他者との縁

ブログ繋がりでTwitterでも繋がれたりして、どんどん普段の自分の交友範囲とは別のところにつながりが広がります。

特に留学中であれば、世界で留学・活躍する他の日本人の方と縁ができる可能性があり、私も何人かTwitter等で話せる方ができました。

 

それがどれくらい価値あるものかと考えるかはその人次第ですが、留学中にブログをしていなければ絶対に話すことのなかった様々な国で暮らす人と、実際メッセージを送り会える関係になれたのは嬉しいなあと思います。

 し、そこでまた新しい発見・価値観に出会えることもあります。

 

 

留学中の思いの再確認 

f:id:armdivcl:20161201185940j:plain

留学中は様々な体験をし、その中で色々なことを考え、時には大きな決意を抱くこともありますが、帰国してなんやかんや忙しくしてるとそれも日常の中に埋没していってしまいます。

 

その時自分が留学中に書き残した記事に目を通すと、当時自分が強く感じたこと、考えたことがそのままの温度で残っていて、また決意を新たにすることができます。

 

人間は忘れる生き物なので、留学で得た経験を帰国後もしっかり活かしていきたいと思うなら、何かしら記録に残しておくことが大切だと思います。

 

 

…ここまで留学中にブログを書くべき理由を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

中には特に留学と関係のない、ただ"ブログをやった方が良い理由"でしかないものもありましたが(笑)、いずれにせよ私のブログをオススメする思いが少しでも伝わったのであれば重畳です。

 

もちろん留学生以外でもブログをやってみる価値というのは、上にあげたもの以外にも色々あると思うので、皆さん是非ブログ書いてください!そして読ませてください!(笑)

 

ここまで読んでくださってありがとうございました、なちでした(*⌒▽⌒*)!

 私情ですが、年末年始にしばらくスペインに滞在することが決まったので、また現地レポのようなものをかけたらなと思っています。

更新できたらその時はよろしくお願いいたします!

 

では次回、

「スペイン旅行におススメの都市8選!(仮)、デュエル・スタンバイ!

follow us in feedly

Facebookページ始めました。気に入って頂けたらポチッとお願いします!(*⌒▽⌒*)

 

その他のオススメ記事

armdivcl.hatenablog.com