アルマダインベンシブレ - スペイン留学記

スペイン大好きサブカル大学生が日々考えること。

【勉強法】DELEB2に一週間で合格しました【問題集】

スポンサーリンク

スペイン行くならこれ一冊 / 大学受験の英単語

DELEB2に一週間で合格しました!

やったーーー(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)!

…ので使用した問題集とその使い方・勉強法についてまとめます。

 

もちろん事前知識というかある程度の基礎能力があってのことなのですが、DELEのために時間を作って勉強したのは直前の一週間(1日1~2時間程度)だけというのは本当なので、

  • DELE直前で時間がないけどなんとかしたい
  • しっかり勉強はしてきたけどDELE直前に何をしたら効果的か知りたい
  • DELEにおすすめの問題集を知りたい

といった人には有用な記事になると思います。

 

また、これはB2に限らずDELE全般に適応可能な勉強法だと思うので、B2以外を受ける方も読んで損はないはずです!(*⌒▽⌒*)

 

それではさっそく目次です▽

 

DELEとは?

f:id:armdivcl:20180223003054p:plain

 DELEについては公式サイトからざっくり抜粋すると、

  • スペイン教育文化スポーツ省が認定する、信頼性の高いスペイン語の検定試験
  • スペイン語圏への留学、就職などの際に語学のレベルを保証するものとして国際的に認められている
  • 一度取得したら生涯更新の必要がない、終身資格(!)
  • A1~C2のレベルを選択して受験し、合否判定を受ける

と言った感じの国際スペイン語検定です。

 

実際スペイン語の検定と聞いて真っ先に思い浮かぶのはDELEですし、国際的にも信頼性が高いという評価は間違いないと思います。

 

tokio.cervantes.es

こちらの公式のサイトで、DELEの価値や各レベルの定義、テストにおける各セクション(読む・書く・聞く・話す)の時間配分について詳しく載っています。

 

lp.spani-simo.com

またこちらのサイトでB2レベルのテストの内容の詳細が良く紹介されているので、参考になると思います。

もしかすると現行のものと少し違いがあるかもしれませんが、だいたい問題ないレベルだと思います。不安な方は公式サイトや参考書等でも確認されるといいかと思います(*⌒▽⌒*)

 

私のスペック

ところでそもそも “事前知識というかある程度の基礎能力” ってどんくらいやねんって思われるのももっともかと思うので、ざっくり私のDELEB2試験一週間前のスペックをまとめます。

  • 大学でスペイン語を専攻
  • 2年くらい前にサラマンカに1年留学
  • 2016年には別の国際スペイン語検定SIELE(B2)取得

…こんな感じなのでまあ、B2レベルに受かる基礎体力はあるけど、どんなテストか全然わかってないよ~~あと細かい文法とかちょっと忘れ気味だよ~って感じの状態だったと思って頂ければよいかと思います。

 

あとこのSIELEについては取得時の記事を前に書いているので、興味があればこちらも是非(*⌒▽⌒*)!

armdivcl.hatenablog.com

これはDELEと同じところが実施している試験で、DELEと大きく違うところは

  • 終身資格ではなく、2年で効果が切れる
  • DELEのようにレベルを選んで合否判定されるのではなく、TOEICのように点数が出るのでその点数でレベルが決まる
  • 全セクションをパソコンで受験する(DELEは紙)

ところで、こちらも信頼できる国際スペイン語検定です。

 

使った問題集 

edelsaの参考書

Preparacion Dele: Libro + CD - B2 (2014 Edition)

Preparacion Dele: Libro + CD - B2 (2014 Edition)

  • 作者: P Alzugaray,M J Barrios,P Bartolome,Leonor Quintana,A F Hidalgo,M Garcia-Vino,R M Perez
  • 出版社/メーカー: Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
  • 発売日: 2014/08/12
  • メディア: Perfect
  • この商品を含むブログを見る
 

 使った問題集はこれです!

長年、DELEの試験対策シリーズの出版で定評のあるEdelsaから出版されているもので、私が使ったのはこのB2の2014年版です(2018/02/22現時点ではおそらくこれが最新版です)。

サラマンカ大学でもこれをお勧めされて買ったので、お墨付きは申し分ないはずです(笑)

ちなみにA1〜C2まで全レベルの本があります。

 

他の問題集は使ったことがないので比較してどうと言うことはできないのですが、私はこの問題集がすごく役に立ちました。

ただ万人受けするかというとそうでもない気がするので、この問題集の良い点と悪い点を以下にまとめます。

 

良い点

  • 次の勉強法の部分で詳しく触れるが、ボキャブラリーのまとめが非常に有用
  • DELEによく出るテーマ毎(健康や仕事、教育など)に6回分、過去問風の問題が作られている*1ので、ボキャブラリーを集中して強化しやすい
  • リスニング対策用のCDのボリューム大
  • その他全体的にDELE本番の演習に特化しているので、傾向と対策を練りやすい

基本的に基礎は終えた方の本番演習用の過去問的な問題集で、その用途で使う場合は大きな力を発揮すると思います。 

特にDELEによく出るテーマに沿ったボキャブラリーの強化ができるところが素敵です(*⌒▽⌒*)

 

悪い点

  • 解答が別売りで、その上解説が無いに等しい(笑)

この点に尽きます。解答は別冊で買わなければならない上、なんでその答えになるのか書いていないことも多いです(笑)

なので文法などの基礎的な所は自力でクリアできる人向けの問題集になります。

そして正直私は今回この解答をほぼ使いませんでした(笑) 細部よりも全体の傾向の把握に努めたので…

 

リスニングCDの音声のテキストも載っているみたいなので、そこは良いですね!

 

別売りの解答▽

Preparacion Dele: Claves - B2 New Edition

Preparacion Dele: Claves - B2 New Edition

  • 作者: P Alzugaray,P Bartolome,Leonor Quintana,A F Hidalgo,M Garcia-Vino,R M Perez
  • 出版社/メーカー: Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
  • 発売日: 2013/10/14
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 ちなみにedelsa公式ページで参考書の定価が確認できます。日本のアマゾンの方が少し割高ですが、べらぼうに高いわけでもないのでまぁ送料等考えると妥当な値段かなと思います。

Preparación al DELE B2

 

B2に一週間で合格した勉強法

この参考書をどう使ってDELEB2対策をしたかについて書いていきます。

 

単語

問題集にある、6つのテーマ毎のボキャブラリー表*2をひたすら暗記しました。

一週間の勉強のうちこの作業が大半の割合を占めていたと思います(笑)

 

スペイン語の基礎的な単語力はある程度持っているつもりでしたが、それでも抜け漏れがあったり、DELEによく出る単語で知らないものが結構あったので、このボキャブラリー表で補強することでかなり試験中にも助けられました。

ボキャブラリー表のテスト的中率は結構いいんじゃないかなーと思います。

 

文法・読解

正直このセクションに関しては時間の問題もあってほとんど対策していません(笑)

自前の文法書等で、苦手な範囲をサーっと見直すくらいはした…かもしれません(うろ覚え)。

 

ただ参考書の問題を眺めることで、どれくらいのレベルと量の問題を、どれくらいの時間で解かなければならないのかなんとなく下見できたので、その点では良かったです。

 

作文

DELEB2では作文のセクションで大問が2つあり、1つは長めの音声を聞いてから手紙を書く問題、もう1つはグラフや文章を参考に文章を書く問題です。

 

手紙を書く問題

手紙には決まった形式があるのでそれを覚えることになりますが、この参考書には7つの例が載っていて、その形式のポイントもまとめられているので、それらを覚えるだけで事足ります。私はそのポイントをマーカーで強調したりして覚えました。

時間があればその例を写経してみるのも良いかもしれません。

 

グラフや文章を参考に文章を書く問題

こちらも予想過去問が7回分あるので、なんとなくこんな感じのグラフや文章が出るんだな~と把握することができます。私はこの部分は特に解いてみるといったことはせず、傾向を把握するのみに留めました。

 

記述のセクションは結構時間がギリギリで足りなくなる人も多いみたいなので、傾向を把握しておくのはとても有用ですね(*⌒▽⌒*) まあ当たり前ですけどね!笑

 

リスニング

リスニング問題用のCDがかなりボリューム大(予想過去問7回分)なので、ボキャブラリーを叩き込んでいるときや、移動中にひたすらそれを聞き流していました。内容も結構面白いので飽きずに聞けます(笑)

 

6回分の予想過去問はテーマ毎に分かれているので、リスニングの内容もテーマごとに固まっており、ボキャブラリーの補強に役立ちました。

 

またアルゼンチンなどスペイン以外のスペイン語圏の人の音声も当然入っているので、耳を慣らしておけます。DELEは結構スペイン語以外の話者がテストに出てくる(し、結構長い間その音声を聞かなければならない)ので、耳慣らしは必須です。

 

口頭試験 

口頭試験についても7回分の予想過去問が用意されており、ここはテストの前日あたりに結構しっかり対策しました。

実際の時間配分に沿って準備・会話(ネイティブのスペイン人に少し手伝ってもらいました)の練習をしました。

参考書に結構詳しく試験官から飛んでくる質問の例や会話の評価のポイントが書いてあるので、それらを意識しながら、繰り返し話す内容を考えました。個人的にこの評価ポイント等がかなり役に立ちました。

 

ある程度スペイン語を話せる自信があったとしても、それを口頭試験でしっかり評価される形でアピールできるかはまた少し別だと思うので、スペイン語ペラッペラでない限りは対策した方が良いんじゃないかなーと思うセクションです。

 

まとめ

ここまで私の勉強法について紹介しましたが、書いてきた通りこの参考書はかなり本番の試験に近い内容になっているので、力試しと自分の弱みの発見・補強に使うといい感じです。

 

あと勉強時間がかなり短かったので、正直この問題集無くても別に受かったんじゃないかという声も聞こえてきそうですが(笑)、超余裕合格というわけでもなかったので、やっぱりこの本で傾向の把握とその対策はしてないとやばかったと思います。

 

また私は勧められるままこの問題集を買って結果よかったので、良かったよ~~(*⌒▽⌒*)という記事を書きましたが、他にも良書はあると思うので、是非色々見て自分に合ったものを探されるのがいいと思います。ジュンク堂とか比較的色々置いてたような気がします

DELEの問題集の詳しいレビューってあんまり見かけないよね。興味あるのでみんな他の本買ったら記事書いてほしいです(笑)

 

それではここまで読んでくださってありがとうございました、浅羽なちでした!

 

follow us in feedly

Facebookページ始めました。気に入って頂けたらポチッとお願いします!(*⌒▽⌒*)

 

その他DELE学習におすすめの本

キクタン スペイン語【初級編】基本1000語レベル

キクタン スペイン語【初級編】基本1000語レベル

 

スペイン語にもキクタンあるんですよね。英語でお世話になりました。こっちはBGMがスペインって感じで楽しいです笑

CD2枚付 耳が喜ぶスペイン語 リスニング体得トレーニング

CD2枚付 耳が喜ぶスペイン語 リスニング体得トレーニング

  • 作者: フリオビジョリアアパリシオ,リベラルテ(Liberarte)
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 もう少し簡単めのリスニング対策におすすめの本です。

NHKラジオ まいにちスペイン語 2018年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)
 

DELE対策にどうぞ!!って本ではないですが、普段の習慣的な学習(自戒)にめっちゃおすすめなので載せておきます。

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

DELEと同じ機関が実施する新試験SIELEの体験記(B2)です。

「前知識無くても留学できます!」とか言う斡旋業者多いよね。

スペインだいぶオタクやでって話です

ほんまに使ったらあかんで

スペインの旅行記事のまとめです ええとこやんな

スペイン小ネタ集

*1:参考書自体の構成:テーマごとの予想過去問6回分+総まとめの予想過去問1回分

*2:各テーマ1ページずつ、80単語くらいあります