アルマダインベンシブレ - スペイン留学記

スペイン大好きサブカル大学生が日々考えること。

【実録】現地から見るスペイン経済危機【とクソ郵便局】

スポンサーリンク

スペイン行くならこれ一冊 / 大学受験の英単語 / 0円留学ならアーグス

こんにちは、なち(@nachi_loco)です(*⌒▽⌒*)

 スペインでは現在全体の失業率が22.7%(2015年4月)、若者に限って言えば50%程度と、とんでもない経済危機に見舞われています。

今回はそのスペイン経済危機の原因と現状について、現地の人の声も交えてまとめます。

目次

 

スペイン経済危機ってどんな状況?

f:id:armdivcl:20160406093239j:image
 
 スペイン経済危機の現状を簡単にまとめると、バブル崩壊からの過去最高の失業率、過激なデモの発生、移民の帰国による人口減少、そして難航する立て直し、といった目も当てられない状況です。
 
 

スペイン経済危機のしくみ(マンガ)

f:id:armdivcl:20160406093200j:image
 
 どうしてスペインはこんな経済危機に陥ってしまったのか、このマンガがとてもわかりやすいです。
 
ざっくり言うと昔の日本のような不動産バブル状態が、リーマンショックによってえげつない弾け方をしたのが経済危機の原因のようです。
 
またその後家賃が払えなくなって追い出された人達の存在も大きな問題です。

 

友達の話から見るスペイン経済危機の現状

見つからない仕事
スペイン人の友達の彼氏は、大学卒業後ずっと職を探し続け、3年してやっと今の仕事にありつけたそうです。
またその間、バイトさえも見つからなかったらしいで…:;(∩˙︶˙∩);:
 
その人に限らず、 バイトがないというのはスペインではよく聞く話です。そもそも学生のうちにバイトする文化がないので、元々バイトを雇うところが少ないのもあるかもしれません。
 
 
政治家の腐敗
また政治家は腐敗し放題で、大金をくすねるのは当たり前、バレてもしらばっくれるばかりで、返金はしないそうです。
刑務所に入れられたとしても、盗んだ大金の一部を払えば出られるので、なんじゃそらって話ですよね。
 
そして汚職事件後も選挙でその政治家が勝てるのが今のスペインの現状です。
 
現第一政党党首のラホイと関わりの強い人も腐敗しまくっていたり、カタルーニャの前トップも大金をくすねていたことがわかっています。
 
このようなスペインの利己的な政治家の行動が、経済危機に拍車をかけています。
 
 
クソ郵便局
またこれは友達から聞いた話ではなく実際の私の体験からなのですが、スペインの郵便ってとにかくお金をとるんです。そして手続きがめんどくさく、なかなか届かない。
(※ここからしばらくスペインの郵便に対する愚痴が続くので、興味のない方は次の目次までサーっと流してください)
 
日本からスペインへ荷物を1月に送ってもらったのですが、マドリーの税関でひっかかってめんどくさすぎる(本当に)手続きをしたあと、だとかいって、受け取るのに13000円強払わされました。ワンダー!
送料はもう日本で支払われているのにですよ?!ちょっと信じられません…(笑)
 
そして未だに届いていません。(2016年4月5日現在)
もうせめて日本帰るまでに届けてくれ…って感じです。
 
スペインの郵便のクソさについては、この記事がしっかりまとめてくれています。

ryugaku.ablogg.jp

この記事に出てくる書類やらなんやら、実際私は全て提出しました。
 
内容物全ての名称と、その1つ1つの価格、そしてそれらを何に使うのかの説明を全部しないといけないんです。
カレー粉を何に使うかって?
カレー作るに決まってるだろ!!!
 
そしてその内容物の金額の合計に応じて荷物を受け取るのに手数料をとられます。ペッ!!
 
スペインのネイティヴの多大なる助けがあったのでなんとか全て提出できましたが、外国人ひとりだとキツイと思います。
 
そしてまだスペインの郵便に関して驚くべきことがありました。
書類を全て提出したのち、窓口で手数料を払いました。
その時、手伝ってくれたスペイン人があまりに高い手数料(しかも今年からかなり値上がりした)に腹を立てて、文句を言ってくれたんです。そしたら窓口の人、何て言ったでしょう?
 
「いやー、まあねー、あれだね、今スペインは経済危機だからね、政府がお金欲しいんだろうね」
 
…いやいやいや、そんなんわかってるけど、職員が言うたあかんやろ!!(笑)
 
もう二人で脱力しました。1つ言えることは、もう二度とスペインの郵便は使いたくないということです。
 
 

これからの展望は?

f:id:armdivcl:20160406093602j:image
 
統計や、街の人達の声によると、少しずつ少しずつ経済危機の状況は改善しつつあるようです。
 
しかしスペインは政府がない状態が3ヶ月続くなど(第一政党が過半数をとれず、協力する野党も現れないため再選挙の実施が見込まれている)、決して改善に向かって一丸となって進んでいるとは言い難い状況です。
 
参考記事
 
 

togetterまとめ

 
Twitterでスペイン経済危機について呟いたものをまとめました。
 
ここまで読んでくださってありがとうございました、なち(@nachi_loco)でした(*⌒▽⌒*)!
 

follow us in feedly

Facebookページ始めました。気に入って頂けたらポチッとお願いします!(*⌒▽⌒*)

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)

 

 

世界はすでに破綻しているのか? (集英社ビジネス書)

世界はすでに破綻しているのか? (集英社ビジネス書)

 

 こんな記事も書いています

海外情報メディアBROADIAに記事を寄稿しています。

broadia.jp